apple pie

 

17歳、くすりをのんでうでをきることしか知らなかったわたしにアップルパイの話をしてくれた。

思わず笑ってしまった。

 

グレーじゃなく透明でいくら手を伸ばしてもつかめなくて、ずっとずっときれいなひと。

いまでも特別で絶対で唯一で宝物みたいな存在。

水傘と呼んでくれることがしあわせ

 

あなたがこわいゆめを見ませんように

夜にひとりで泣いてしまいませんように

わらえる日がたくさん訪れますように

 

 

 

お誕生日おめでとう

 

 

広告を非表示にする